スポンサードリンク

Top >  離婚後の諸手続き >  健康保険の手続き

健康保険の手続き

lime.jpg

離婚をしたら健康保険の手続きを行わなければなりません。

夫が会社へ勤務しており、勤務先の健康保険に加入していて妻と子供は被扶養者になっているというのが、一番多いケースだと思います。

離婚することにより、夫の健康保険から妻と子供は抜けてしまいます。妻が就職をしていて、またはする場合には、妻の勤務先の健康保険に加入するか、国民健康保険へ加入します。

自由業や無職となる場合には、国民健康保険への加入手続きを行います。妻が勤務先の健康保険に加入する場合でも、国民健康保険に加入する場合でも、夫の勤務先から資格喪失証明書の発行(健康保険から抜く手続き)をしてもらわなければいけません。

また、夫の承諾が必要となりますが、妻のみが離婚後に国民健康保険に加入し、子供を夫の健康保険へ残したままにする事が出来ます。

母親の健康保険へ子供を加入させ被扶養者にするためには、母親と同じく父親の勤務先に資格喪失証明書を発行してもらい、勤務先の健康保険か国民健康保険に異動届を提出することになります。

国民健康保険は世帯単位での保険であるため、もともと国民健康保険へ加入していた場合でも、戸籍から抜けた側で新たに国民健康保険へ加入する手続きが必要です。

このサイトは離婚について色々書いていますが、本当はあなたに離婚してほしくないのが偽らざる本音です。しかしその決断が揺るぎないものであればこちらがお役に立ちます ⇒⇒⇒離婚問題を有利に進める方法


スポンサードリンク

離婚後の諸手続き

このカテゴリーは、離婚後に行う色々な手続きについて考えています。離婚も大変な力を必要としますが、離婚後も色々な手続きを行っておく必要があります。
離婚は金銭的な問題、戸籍の問題、子供の問題など想像するより大きなエネルギーを消費します。いずれも人生に直接関わる問題ですから、一時の感情に流されないよう、落ち着いて考え、そして対処する事が大切です。

関連エントリー

健康保険の手続き 名義変更・住所変更 国民年金の手続き